【FX初心者必見】ソーサー型ボトムとは?FX相場の底を見極める|FX初心者の入門講座inゼロはじ

f:id:fx_zerostart:20200603225456p:plain

f:id:fx_zerostart:20200603231326p:plain

f:id:fx_zerostart:20200603230516p:plain

f:id:fx_zerostart:20200603231122p:plain

⇒ランキングを見る

ソーサー型ボトム

f:id:fx_zerostart:20200705141305p:plain

 

ソーサー型ボトムのソーサー型は、ワインやカクテルのような丸いお椀状の形から由来しています。

 

ソーサー型ボトムは下降トレンドから上昇トレンドへとトレンド転換する際に発生するものになります。

 

また、ソーサー型というように最低値を更新した後は、横ばいの動きを継続し、少し上昇した後、プラットフォームと呼ばれる少しの横ばいが発生すれば、転換が濃厚となります。

 

ソーサー型ボトムの見方

f:id:fx_zerostart:20200705141305p:plain

 

ソーサー型ボトムでは、価格の低値である程度の時間滞在した後、滑らかに価格が上昇する傾向にあります。また、プラットフォームが長いものもあれば、短いものもあり、一概にどれぐらいの期間と定義することは難しいです。

 

しかし、出来高と照らし合わせて、低価格のピークとなる部分で出来高がある程度増加し、価格が停滞⇒上昇とゆっくりな動きに付随して出来高も徐々に上昇するようであれば、「ソーサー型ボトム」の形成が濃厚と言えるでしょう。

 

ここでプラットフォームや、ある程度ゆったりであることが確認できればさらに期待値が高まりますね。