Pipsとは何か?FXトレードの頻出用語|FX初心者の入門講座inゼロはじ

f:id:fx_zerostart:20200603225456p:plain

f:id:fx_zerostart:20200603231326p:plain

f:id:fx_zerostart:20200603230516p:plain

f:id:fx_zerostart:20200603231122p:plain

⇒ランキングを見る

 

 f:id:fx_zerostart:20200620143227p:plain

 

FXをはじめるにあたって、また、FXを現在行っている方でも「Pips」という言葉を見たことがあるけど、よくわからない。という方が非常に多いです。

 

ここでは、このPipsについて詳しく徹底解説を行っていきます。

 

おそらく、「Pips」という言葉を見たことがある方の中に、「○○Pips分取れたー」と言っているトレーダーを見て、初めて知ったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

Pipsとは?Pipsの意味

f:id:fx_zerostart:20200620143700p:plain


 FXトレーダー間の中で、今日は〇〇Pipsとれた、今回は△△Pipsだった。というように「Pips」という言葉をよく目にすることがあると思います。

 

では、その「Pips」の正体について、ここでは解説します。

 

まず「Pips」とは?という質問に対する答えですが、

 

「FXの世界での共通単位ということなのです。

 

日本では、単位というとkg(キログラム)やcm(センチメートル)等の単位を小学校から大学全般でも習い、取り扱うことが基本となっておりますが、まず普通に生きていて、この「Pips」を知っているという人はいないので安心してください!

 

この記事を読んで、

 

・Pipsは単位の一つであるということ

・Pipsという単位を用いた数字を計算できる

 

この2点を理解してもらえれば完璧です。

 

この項目では「Pips」は単位であるということを説明しました。次の項目以降では、この「Pips」が実際のFXトレードでどのように使用されているのかを説明します。

 

FXでのPipsの使用例

f:id:fx_zerostart:20200620143900p:plain

 

ここでは、FXトレードの中で「Pips」という単位がどのように使用されているのかを説明します。

 

その前に、1つだけ頭に入れておいてほしいことがありまして、「Pips」の使い方は

 

・日本円を絡んだ通貨ペア

・米ドル(アメリカドル)を絡んだ通貨ペア

 

この2つで少し違うので、それぞれの通貨が絡んだ際の「Pips」について説明します。

円絡みのPipsについて

 

円絡みの通貨ペアとは何か?ということですが

 

例えば ドル円(USD/JPY)ユーロ円(EUR/JPY)等の、日本円と海外の通貨で取引を行う際の通貨ペアのことです。

 

つまり、ユーロドル(EUR/USD)といった、日本円を含まない通貨ペアは円絡みの通貨ペアではありませんので注意してください!

 

では、円絡みの通貨ペアにおける「Pips」の計算方法ですが、

 

1Pips = 0.01円(1銭)

 

となります。この関係をしっかりと理解してください。

 

この関係をもとに、ドル円(USD/JPY)の為替レート(価格)をみた際に、

 

109.325円/ドル ⇒ 109.725円/ドル

 

と価格が上昇したとします。

 

Q. ここで問題です!109.325円/ドル ⇒ 109.725円/ドルと価格が動いた際、何Pips変化したといえるか?(ヒント:1Pips=0.01円)

 

A. 答えは 40Pipsです!

<解説>

変動額=109.725円/ドルー109.325円/ドル=0.40円/ドルとなり、1Pips=0.01円という関係から 0.40円 / 0.01円/1Pips =40Pipsになります。

 

このことから、100Pipsとったー等のつぶやきをSNS上でされている方が多くいらっしゃいますが、これは1円幅をとれたとも言い換えることができるますね。(例:108円/ドル⇒109円/ドル)

 

米ドル絡みのPipsについて

 

先ほどの円絡みの例で、米ドル絡みの通貨ペアは何か理解していただけたと思います。ここでの、米ドル絡みの通貨ペアにはユーロドル(EUR/USD) や英ポンドドル(GBP/USD)が該当します。

 

ではドル絡みのPipsはどのように使用されているかについてですが

 

1Pips = 0.0001ドル

 

となります。円絡みの計算とは桁が異なりますので、注意してください。

 

ここでは例として、英ポンドドル(GBP/USD)の取引を行う際に為替レート(価格)が1.45253ポンド/ドル ⇒ 1.45953ポンド/ドルに価格が上昇したとします。

 

Q. ここで問題です!1.45253ポンド/ドル⇒1.45953ポンド/ドルに価格が変化した際、何Pips動いたといえるか?

 

A. 答えは70Pipsです。

<解説>

変動額=1.45953ポンド/ドルー1.45253ポンド/ドル=0.0070ポンド/ドルとなり、1Pips=0.0001ドルという関係から 0.0070ポンド / 0.0001ドル/1Pips =70Pipsになります。

 

ドルを絡んだ計算もこれで完璧です!

 

FXをトレードするうえでPipsを用いてスプレッド値を計算し、取引業者を選定する必要があります。よければこちらも参考にしてください。

www.zerohaji-fx.com

 

www.zerohaji-fx.com

 

 

まとめ

FXのPipsまとめ

・PipsはFXトレードでの共通単位

・Pipsは円、ドル絡みで計算が異なる

・上記2点を抑えたら完璧