損切りとは?FX初心者が抑えるべき損切りの考え方|FX初心者の入門講座inゼロはじ

f:id:fx_zerostart:20200603225456p:plain

f:id:fx_zerostart:20200603231326p:plain

f:id:fx_zerostart:20200603230516p:plain

f:id:fx_zerostart:20200603231122p:plain

⇒ランキングを見る

損切りとは?

f:id:fx_zerostart:20200701213350p:plain

 

損切りは「これ以上損失が出ないように決済すること」です。

 

損切りを発動させるといったシチュエーションは、基本的に自身の予想が外れ、資金が減っていっている時だと思います。

 

では、この損切りはどういったタイミングで実施することが良いのかと聞かれると「答えはありません」としか言えないです。申し訳ありません。

 

それはなぜか、損切りした後に為替が少しずつ回復し、損失からプラス域に行くことも珍しくはないからです!

 

しかし、損切りはリスクヘッジとしては非常に大事で、資金ショートを防ぐためには、積極的に行うべきでしょう。

リスクヘッジとは↓

www.zerohaji-fx.com

資金ショートとは↓

www.zerohaji-fx.com

 


 

また、トレードの勝率が安定している人こそ損切りを使っています!

 

 

損切りをするトレーダーはなぜ勝つのか?

f:id:fx_zerostart:20200701213433p:plain

 

では、損切りを積極的に行うトレーダーの勝率が上昇する理由を説明します。

 

それは「損失を最小限に抑える」ということです!

 

あまりピンとこないと思いますが、この損失を抑えるということがFXにとっては非常に重要となります。

 

当然ですが、損失を抑えただけでは勝てません。

 

ここでの、本質的な意味は「損失を抑え、プラス域の幅をできる限り大きくとる」ということです!

 

これができれば、必然と勝率が上がりますし、負けのトレードがあっても、その損失分を最小限にすることで勝ちのトレードでの利益が余裕でカバーしてくれるようになります!

 

損切りの設定

f:id:fx_zerostart:20200701213527p:plain


冒頭でも少し触れましたが、損切りは○○円になったタイミングでやれ!ということは一概には言えません(正解でもあり不正解もあるため)。

 

ここで、お伝えしたいことは「損切りのライン(価格)を自分で決めてからエントリー(購入)する」ということです。

 

この決めたことを「ルール」と言えますし、「ルール」を勝手に変えたり、守らなかった際に資金が…というシチュエーションと直面することになります。

 

よくある例として、あらかじめ〇〇円になったら損切りをする!と決めていたのにも関わらず、思いのほか勢いよく〇〇円に達してしまい、「こんだけ価格が急変したから、すぐ戻るだろう」と勝手に判断して損切をせず資金ショートが発生するという事例です!

 

いや、ないだろうと思われるかもしれませんが、「あるある」、「わかる」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

このように「自身が決めたルールを守り抜く」ということが最大のリスクヘッジになりますし、損失を最小限にして利益を大きく得るということにも繋がりますので、損切りライン(価格)はあらかじめ自身でルールを作ってからトレードすることをおすすめします!

 

まとめ

損切りのまとめ

・損失が出ているときに決済

・リスクを最小限に抑えることができる

・損切りラインを決めてからトレード