三尊天井とは?FX初心者の時からトレンド転換を見極める|FX初心者の入門講座inゼロはじ

f:id:fx_zerostart:20200603225456p:plain

f:id:fx_zerostart:20200603231326p:plain

f:id:fx_zerostart:20200603230516p:plain

f:id:fx_zerostart:20200603231122p:plain

⇒ランキングを見る

三尊天井とは?

f:id:fx_zerostart:20200704141545p:plain

 

三尊天井とは、上昇トレンドから下降トレンドへとトレンド転換する際に頻出する上の図のような転換の動き方のことを指します。

 

三尊天井はヘッドアンドショルダーズトップとも呼ばれており、上の図の2番山がヘッド(頭)、1・3番山がショルダー(肩)という意味でこの名前が付けられています。

 

三尊天井の見方

f:id:fx_zerostart:20200704141545p:plain

 

基本的に2番山が最も価格が最上位で、3番山の価格が一番低い(1番山より価格が低い)というのが三尊天井のセオリーです。さらに出来高も徐々に下がりますので、比較的に判別しやすいです。

 

よく勘違いされている例で、3番山が1番山よりも価格が高い場合も三尊天井と認識されている方を多く見受けられますが、本来の三尊天井は3番山が一番価格が低くなっていますので注意しましょう!

 

また、3番山がトップをつけて下がっていく際に、ネックライン(2つの谷を結んだ赤色点線)を割ることで三尊天井が成立したと言えます!

 

※ネックラインを割っていないのに「三尊天井が確定」とは一概に言えませんので、ここでも注意が必要です!

 

 三尊天井では、出来高が徐々に下がりますが、出来高は一般的に高値挑戦のときに最も高くなるという傾向がりますので、2番山の際に、価格は高いが出来高が伴っていない場合は「三尊天井」を視野にトレード分析を進めると良いでしょう!