↑気になる項目をクリックすると関連記事が見れます↑

逆V字型はFXトレードの天井?|ゼロからはじめるFXトレード

f:id:fx_zerostart:20200603225456p:plain

f:id:fx_zerostart:20200603231326p:plain

f:id:fx_zerostart:20200603230516p:plain

f:id:fx_zerostart:20200603231122p:plain

⇒ランキングを見る

 

逆V字型とは?

f:id:fx_zerostart:20200704141648p:plain

逆V字型とは、名前からもわかるように、V字を上下反対にしたような形でチャートに現れてきます。この逆V字型が現れる際は、上昇トレンドから下降トレンへのトレンド転換が見込まれます。

 

この逆V字を作る際には、出来高も比較的に高い水準となるので、逆V字型と判断するのは案外容易です。

 

逆V字型の見方

f:id:fx_zerostart:20200704141648p:plain

 

逆V字型は「急激な動きをする」という特徴があり、あっという間に上昇して、あっという間に下降するというチャートを形成する傾向にあります。

 

このような動きが発生する理由として、「提灯(ちょうちん)買い」と言って、相場の動きに便乗して売買する人が多くなっているということが考えられます。

 

つまり、「何か上がってるから一応買っておこう」といったような、本来の自分の意志・ルールに反したトレードをしている人が多くなった時に一時的に為替が変動するということになります。

 

このような、提灯買いによって変動する相場はすぐに元に戻る確率が非常に高く、その戻るスピードも急激であったりするので、もし、提灯買いで利益を出すなら、早め早めのエントリー・利確を必要があります!

 

※絶対に考えてはいけないのは、「もう少し上がると思うから、待とう」といったゴールを決めないトレードです。

 

提灯買いトレンドにおいてのこの考えは非常に危険です!

 

「下がりそうだな」と感じればすぐに利確しましょう!逃げるが勝ちとあるように、獲得pips幅に執着しすぎても痛い目を見る可能性があります。