ダブルトップとは?二点天井を見極める|FX初心者の入門講座inゼロはじ

f:id:fx_zerostart:20200603225456p:plain

f:id:fx_zerostart:20200603231326p:plain

f:id:fx_zerostart:20200603230516p:plain

f:id:fx_zerostart:20200603231122p:plain

⇒ランキングを見る

 

ダブルトップ

f:id:fx_zerostart:20200704141623p:plain

 

ダブルトップとは二点天井ともいい、上の図のように価格の頂点(トップ)を2つつけることによってできるトレンド転換のことを指します。

 

ダブルトップは基本的に三尊・逆三尊の3つの頂点をつけるトレンド転換とは異なり、2つの頂点をつけることによって形成されるトレンド転換になります。

 

ダブルトップの見方

f:id:fx_zerostart:20200704141623p:plain

 

ダブルトップの2つの頂点は基本的に同価格になる傾向があり、仮にどちらかが高くても、その差は少ないものが「ダブルトップ」として考えられます。

 

ダブルトップが発生する時の出来高の大きさも2つの山で同じ高さの水準位なることがおおく比較的に認識しやすいトレンド転換だと思います!

 

2つの頂点を迎え、下降しているときに、ダブルトップの谷となるネックライン(赤点を通る水平点線)を割ることでやっと「ダブルトップが成立」と言えます!

 

ダブルトップの形を作ったからダブルトップ!と判断するのは少し早く、しっかりとネックラインが割って、ダブルトップが成立してからエントリーする方が確実性があっていいと思います。

 

ダブルトップの注意

 

ここでダブルトップの注意しなければいならない項目についてご紹介します。

 

次の事例について一緒に考えてみましょう!

 

ダブルトップを形成しネックラインを割ったため、売り(下方向)でエントリーしたが、しばらくすると価格が上昇し、ネックラインを上に突き抜けてしまった…

 

このケースは稀ではなく、案外起こりうるケースです。

 

この場合、ネックラインを上に突き抜けてしまったため、「ダブルトップ不成立」ということを想定し、「三尊天井となる可能性がある」という判断をすることが正しいでしょう!↓

f:id:fx_zerostart:20200704141545p:plain

 

三尊天井となるかどうかは、3番山が1番・2番山よりも低価格でトップをつけていることを確認し、それにプラスで出来高も減少していっているという傾向を確認する必要があります。

 

もし、3番山が1番・2番山の価格よりも上位を目指すようであれば、ダブルトップ否定からの三尊天井も否定したことになり、さらなる上昇トレンドの継続が見込まれますので注意しましょう